HANKYU Hello DOG HANKYU Hello DOG

【フードコラム Vol.1】  あなたに食べるものを一生委ねています。

2020.01.10 HELLO! STUDIES その他 / 健康・ケア / うめだ阪急店 / 西宮阪急店

どんな「ごはん」を食べさせてあげれば健康に長生きするのだろう?と考えませんか?

私達にとってペットは最も家族に近い存在であり、愛すべきこのモフモフの犬は、あなたに食べるものを一生委ねています。

犬を家族として迎えたとき、いちばんに考える事は「ごはん」なのです。「ごはん」でその子の健康が決まると思います。

犬たちの生きがいは、家族と遊ぶこと、そして「ごはん」のときですから。

多くの飼い主さんはドッグフードを与えていると思いますが、その基準は?と聞かれると

「勧められたから」

「値段が安いから」

「なんとなく」 との答え。

 

 

「ごはん」が身体に合わないがために、体調を崩したり、病気になる手前の状態(未病)に陥っている子が沢山います。

「ごはん」について、飼い主さんの疑問や悩みを聞いていると、他人任せや誤った情報を鵜呑みにして、自分の選択肢を狭めている方が多く、例えば「ドッグフードしか与えていけない」「これを食べると〇〇が治る(良くなる)」など。

逆に考えすぎでないかと心配する飼い主さんも多く、インターネットなどからの間違った情報で「〇〇フードは絶対ダメ」とか「オーガニックしか与えない」という偏見を持つ人も少なくありません。

「ドッグフードがいい」とか「手作りごはんがいい」などと言う事ではなく、むしろ愛犬と飼い主さんが健康で楽しく過ごせるなら、何を食べさせてもいいと思います。大らかな気持ちで、何でもやってみることが大切。やってみて上手くいかなければ、方法を変えればいいことだけのことです。

食べさせ方も同じで「食べるかどうかわからない」でなく「どうやったら食べるだろう」と考える方が犬との距離がもっと近くなり「今日は何がいいかな」なんて、犬に聞いてみたりすることが、あたり前になる毎日になれば、とても楽しくなるのではないでしょうか。

 

 

「ごはん」への誤解や不安を解消してください。

なにも特別な事ではありません。

「これは好きかな?」

「こんな事もやってみようかな」

という気持ちになってもらえればと思います。犬たちの健康は、あなたが与える食べ物によって大きく左右されます。

 

2020年1月10日発行 CUUN 1月号に掲載

 

阪急ハロードッグ  フードコンシェルジュ

ペット栄養管理士   坂田 正次