HANKYU Hello DOG HANKYU Hello DOG

【フードコラムVol.2】  自分のごはんを作るように、犬のごはんも作る。

2020.02.10 HELLO! STUDIES その他 / 健康・ケア / うめだ阪急店 / 西宮阪急店

『どんなドッグフードがいいですか?』

というご質問をよく頂きます。逆に「どのようなものを食べさせればいいでしょう?」というご質問がないのが不思議で、ドッグフードだけで、何とかしようとする飼い主さんが多く、ドッグフードは『魔法の食事』と思っているかのごとく、そのような質問をよく頂きます。「自分のごはんを作るように、犬のごはんを作ってあげましょう」というと、飼い主さんの頭の中は『???』の文字が浮かぶようで、「犬のごはんを作る?」と疑問符がいっはい。

なにも特別大変なことを言っているのではありません。

ただし、人と犬では消化機能の構造や消化酵素などが違うため、与えても良いものといけないものがあります。しかも人には何ともないものも、犬にとっては危険なものもあります(ネギ類やチョコレートなど)。火を通した方が良いもの、生の方が良いもの、栄養バランスを考えるだけでも大変。だからドッグフードがよいという結論になり、それに疑問を持たない飼い主さんが多くなるのもわかります。でも自分のごはんを作るときに、毎日、毎日、カロリー計算や完全な栄養バランスになるように考えていませんよね?「昨晩は焼肉だったから、今日の昼はうどんね」「最近、野菜不足だからサラダを食べたいな」など知らず知らずに調整しながらいろんなものをバラエティーに富む様に食べていることでしょう。それが栄養のベストバランスを保つ事に役立ちます。犬も同じで『完璧なドッグフード』はこの世に存在しなく、ドッグフードに足りない物を、その子に合わせてアレンジして与えるのがベストだと思います。ただ、ベースとなるドッグフードの選び方が大切です。

ドッグフードの基本は『粉』です。

言いかえれば粉を犬が食べやすく、長持ちをさせるために、いろんな物を入れて『加工』したものです。ドッグフードだけで犬を満足させる事、健康を維持させることはできるでしょうか?答えは「ノー」です。その子が必要とする健康でバランスの良い、最適な栄養を取るには、新鮮な野菜や水分などが不可欠で、食事に補給してあげる必要があります。『ドッグフードには何が不足しているのでしょう?』『あなたのひと手間加える【愛情】を犬の食事に入れること』

 

2020年2月10日発行 CUUN 2月号の掲載

 

阪急ハロードッグ フードコンシェルジュ

ペット栄養管理士  坂田 正次